医学部現役合格のために予備校に通いました

2年生の夏期講習から医学部専門の予備校へ

子供の頃から医者に憧れていました。
医者になるためにはしっかり勉強をしてまず医学部に入らなければいけません。
それを意識して特に理数系の勉強はしっかり行ってきたのですが、高校生2年生になってからなかなか成績が上がらず希望の大学の医学部の偏差値に届かないのではないかと思うようになり焦りを感じていました。
自分で時間を決めて毎日勉強をしていたのですが、思ったように成績が上がらず模試でも結果を出すことができず、このままでは合格圏内に入ることは難しいのではないかと思ったので、なんとか対策をしなければいけないと思い、現役で希望の大学に入ることができるよう予備校に通いたいということを親に相談をしました。
医学部に現役で入ることを目的とした専門の学校があるのですが、通うとなるとやはりある程度の費用がかかるので親に相談をしなければいけないと思ったからです。
親も医者になりたいという私の夢を以前から知っていたので、夢を叶えるためならと予備校に通うことを承諾してくれました。
通い始めたのは2年生の夏期講習からです。
夏期講習は朝から晩までみっちりと授業があったので、正直行きたくないなと思ったり、息抜きをしたいと思ったこともあったのですが、周りに私と同じように現役で医学部に入りたいという人ばかりだったので、お互いに励まし合ったり、模試で競い合うながら頑張ることができました。

2年生の夏期講習から医学部専門の予備校へ / 3年生で希望の大学はなんとか合格圏内に / 夢だった医者への第一歩を踏み出すことができた

医学部 予備校 : 医学部受験専門の予備校なら【TMPS医学館 】